このサイトは表現性を重視しているため、
IE11での表示をサポートしていません。
この表示はIE11をご利用の場合だけ表示されてます。
ChromeまたはEdgeをご利用ください。
This site cannot be displayed on IE11.
Please use Chrome or Edge.

《Starlight Night》

A night when it is sunny and the starlight is as bright as the moon is called "Starry Night". Let's take a tour of Japan's spectacular scenery under such a sky full of stars.
This time we will visit Hokkaido and Nara prefecture. Hokkaido is so large that you can't go around it all at once. In addition to New Chitose, there are many regional airports in Hokkaido, and the scenery, terrain, and climate are slightly different depending on the location. Here, you will visit "Lake Mashu" from Eastern Hokkaido, "Blue Pond" from Northern Hokkaido, and "Mt. Yotei" from Central Hokkaido. All of them are famous tourist destinations, and you will be fascinated by the overwhelming scenery during the day.
Nara prefecture is an inland prefecture without the sea. The mountains connected to the Kii Mountains create a complex mountain landscape. Among them, we will visit the Soni plateau, which has a charming terrain. A sky full of stars is shining on the Susuki field in late autumn. Then, we will visit Totsukawa Village, an unexplored region in the southern part of Nara Prefecture. Among them, there are few people who know this place, which is a superb view point. In the complete darkness of the unexplored region, a starry sky that seems to be reachable spreads out. And the sky is white and the dawn is over.
Let's go on a trip!

VR Video Specifications

Resolution Type Audio Duration License
4K 8K 12K 16K 2D 3D 2ch 4:26 
     


Mt.Yotei and Pasture



Hokkaido and the Starry Sky Journey

Hokkaido is a land located far north. Looking again at the map, Hakodate is 41.8 degrees north latitude and Cape Soya is 45.5 degrees north latitude, it is the northernmost point. That means nights are pretty short in summer and long in winter ... In fact, the night of the summer solstice (from the end to the beginning of astronomical twilight) is only three hours. The night is really short ... On the other hand, there are almost 12 hours around the winter solstice. If you want to see the starry sky for a long time, visit in winter. But cold, snow and ice burns may be the biggest enemies.
Hokkaido has a low population density, and the darkness of the night is deeper as the distance from the urban area increases. When you look at the starry sky in Hokkaido, the first thing that surprises you is the height of the North Pole. At this location, both the Cassiopeia and the Big Dipper are so high that you can see them year-round without sinking below the horizon.
Lake Kussyaro is one of the best place to see stars. The well-maintained roads provide easy access, high altitude and visibility in all directions, making it an ideal place to explore the starry sky. In particular, Lake Mashu, if you are lucky, may be able to see a full starry sky above the sea of ​​clouds floating on the lake.
Hokkaido has so many scenic views to introduce. Among them, many people may have seen "Blue Pond in Biei" once in photos and videos. A photogenic place located almost in the middle of Hokkaido. If you could see a deep blue colored landscape even under starlight, what would it look like?
Mt. Yotei is another scenery of Hokkaido. Also called Ezo Fuji, it has a well-formed silhouette. At night, the temperature drops below freezing, dew freezes and the pasture turns white-green. What looks like starry sky can be seen on the landscape just before the start of the severe winter?

Lake Mashu

Lake Mashu is in Teshikaga, Hokkaido. It is extremely transparent, the highest transparency in Japan, and the second highest in the world after Lake Baikal. However, there are no rivers flowing into Lake Mashu and no rivers flowing out. Lake Mashu's water is classified as a "gigantic puddle", which is maintained only by rainwater and groundwater. Fog can be covered on a mysterious puddle. If you are lucky, you may see a fantastic foggy landscape.

Blue Pond in Biei

Blue Pond in Biei-cho, Hokkaido is one of the best views of Hokkaido. The light blue color seems to be a beauty of nature, but a result of artificial creation. Small particles contained in the spring water are dispersing the light and transmitting blue light. It is a miracle or a coincidence.

Mt.Yotei and Kyogoku Town

It is a stratovolcano with a nearly perfect conical shape, and has been called "Ezo Fuji" since ancient times. It straddles five local governments: Kutchan-cho, Kimobetsu-cho, Kyogoku-cho, Makkari-mura, and Niseko-cho. The striking feeling of standing like a huge wall as you approach the mountain is impressive. When you visit here, you can see the vast pasture and Mt. Yotei in good balance. It is just around the end of autumn and snow is already piled up on the summit. Even at the foot, the temperature has dropped at night, and temperature is below freezing. The city lights of Sapporo are distantly reflected by clouds, and the sky near the horizon is bright. Thanks to this, the silhouette of Mt. Yotei does not blend into the dark night, and the ridgeline clearly shows the border between the night sky.



Grass Field



奈良と星空の旅

名古屋方面・大阪方面・南紀白浜空港と3方向から向かうことができ、奈良県というのは思いのほかアクセスしやすいのではないかと思っているのは、あくまで個人の感想。 曽爾高原を有する曽爾村へは、名古屋から名鉄特急で名張へ入り、そこからレンタカーやバスで向かうのが比較的便利。 曽爾村は奈良県の北東部の山間の村。四方を山に囲まれた盆地であるから、どの方向からの道を選んでも、谷間を縫うような細い道が待っている。 その道を走り慣れた軽トラが、公道最速と言わんばかりに飛ばしている姿はあまりにも格好良すぎる。比較的に直線距離で名古屋や大阪と言った大都市に近いため、田舎の闇夜といえども地平線は仄かに明るい。 しかしながら天頂エリアは十分に暗く、天の川とてもよく見える。また、曽爾高原の特徴的な地形の向こうから昇ってくる星の風景は、異世界にでもいるような錯覚にさえ陥りそうになる。
奈良県の北部は、飛鳥時代に大いに栄え文化的中心地であった。その歴史的遺産は現代にも受け継がれ、数多くの国宝や世界遺産が点在していることは、魅力的である。 しかしながら、南部にもそれに劣らぬ魅力がある。それは「夜の闇」である。大都市から遠い上、紀伊山地の山々が小さな町の光ですら遮ってくれる。太陽が沈むと、そこは闇しかない魍魎の地。
十津川村は奈良県の南部の大部分を占める大きな村。その面積は村として日本一の大きさを有するが、大部分が山である。アクセスするにも、最強酷道で名を馳せる国道425号を経由するか、南北を貫く国道186号を利用するくらいである。 そのほかには謎の林道が無数に走っているが、果たしてどこまで車で入ってゆけるのか全く不明瞭である。日本一長い路線バスが十津川村を経由することで度々話題に上っている。起点を出発して十津川を経て、終点の新宮まで6時間とか7時間かかる長旅になる。 また、熊野本宮へ通ずる熊野古道もあり、古くからこの一帯を目指す人は少なくなかったことが分かる。
そして夜になり、ふと車を止めて外に出てみれば、満天の星である。

曽爾高原

曽爾高原は、曽爾村にある高原である。倶留尊山と亀山の西斜面から麓に広がる高原で、平坦な部分の標高が約700メートルと言うのだから、なかなかの高地である。 ススキ野原に覆われ四季を通じて、さまざまな色彩の風景を見せてくれる。春には、野焼きが行われ一帯が黒く染め上がる。春になると新芽が生えだし緑色に塗り変わってゆく。そして、梅雨を迎えると同時に一斉に伸び始め、人の背丈を超えてくる。 秋になると黄金色に色づき、夕陽に輝く様を一目に見ようと観光客で溢れかえる。そして冬を迎え、雪が積もれば白くなる。
どの季節に訪れても、間違いなく素晴らしい風景を見ることが保証されているような曽爾高原だが、秋のススキに合わせて行われるライトアップは必見である。平坦部の中央にあるお亀池を取り囲むように、灯籠に灯がともり、黄金色のススキを照らし出す。 地表付近に微妙な温度差が生じやすく靄がかかることもしばしば・・・暗い中を気をつけながら山斜面の中間付近くらいまで登ると、ライトアップされたススキ野原と満天の星が広がっている。

十津川村

この時は確か、酷道425号を通って十津川村に入った記憶がある。事前情報に狂いはなく見事な酷道っぷりだった。ただ、山や谷を越える道に沿って、ずっと紅葉が続きとても綺麗だったので、何度も車を止めてそれを眺めた。 十津川村は日本一広い村。いったいどこへゆけば良いのか、あまり検討が付いていない。そこで、村役場に立ち寄り、観光課で訊いてみることにした。 そこで担当の人に「425を通って来た」と伝えると「であればここに行くことは問題ないでしょう」と言って、国土地理院の地図のようなモノを持ち出してきた。 そして教えて貰ったのがこの場所である。最新のグーグルマップには、そこへの道が辛うじて記載されているが、この時はそんな道は載っていなかった。もちろんカーナビにも入っていない。地図上は行き止まりである。 カーナビから道が消えても、道は山奥へと続き標高は上がってゆく。教えて貰った分岐路へとさしかかった。そこを曲がってすぐ直後、いきなり視界が開けた。なぜか崖の窪みにベンチが置いてある。知る人ぞ知る、絶景ポイントなのかもしれない。 東から南の視界が完全に開け、遠く太平洋まで見えそうな感じさえする。
やがて夜が明け白んでくると、十津川村の市街地あたりの方角の窪地に朝靄がかかり白く覆われているのが遠くに見えた。